参院選の争点に岸田政権の“コロナ失政”急浮上の目 都は「警戒レベル」を引き上げ

公開日: 更新日:

 30日の東京の新型コロナウイルスの新規感染者数は前週木曜日より1208人増えて3621人。前週同曜日を上回るのは13日連続だ。都は警戒レベルを引き上げ、専門家は「再来週に5000人超になりかねない」と指摘。全国的にも増加傾向がみられ、にわかにコロナ対策が参院選の争点に浮上する可能性が出てきた。

 岸田政権下の第6波(今年1~4月)のコロナ陽性者の死者数は1万1100人を超え、過去最多だった。これは岸田政権による人災と言える。岸田政権は3回目のワクチン接種時期について、2回目から「8カ月後」との方針に固執。オミクロン株の蔓延を許した後に、ようやく高齢者接種を本格化させた。このため、ワクチン効果が切れていた高齢者が次々と命を落とした。

 また、オミクロン株の感染者は、肺炎など重症化せずに亡くなるケースが少なくなかった。ところが、岸田首相は「重症者の病床数は余力がある」とピンボケ答弁を繰り返し、“重症に至らぬ死”に対し、何ら有効策を打たなかった。

「安倍、菅政権もひどかったですが、岸田首相のコロナ対応は最悪です。口では“先手先手”と言いながら、後手の極みでした。冬の前に、高齢者の3回目接種を終えられなかったのは、悔やまれる大失態です。過去最多の死者数も含め、岸田政権のコロナ失政は参院選でもっと問われていいはずです」(西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏=感染症学)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

  2. 2
    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

  3. 3
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  4. 4
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  5. 5
    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

  1. 6
    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

  2. 7
    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

  3. 8
    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

  4. 9
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 10
    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?

    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?