コメ不足と価格高騰のナゼ? 在庫過剰と需要減退が常態化していたはずなのに

公開日: 更新日:

 数年前まで需要減退、過剰在庫が常態化していたコメの不足が騒がれている。一部では品薄状態が続き、“物価の優等生”の卵が高騰した際も微動だにしなかったコメが値上がり傾向にあるというのだ。

 だが、農水省によると、令和5(2023)年産米は、猛暑の影響で新潟産コシヒカリなど1等米の収穫量は減っているものの、全体では前年並みで在庫は逼迫していないという。今どういう状況なのか。米流通評論家の常本泰志氏に聞いた。

「昨年の作況指数は101なので、農水省の発表通り在庫は十分なはずなのに、なぜコメ不足が起こっているのか。田んぼの面積に対する収穫量を示す作況指数にカウントされにくいのが、収穫後、粒の厚みが基準に満たない網下と言われるコメで、網下米は令和4年の約半分、10万トンほどマイナスです。これらは主に病院など公共施設に卸されるほか、他のコメとブレンドして外食チェーンなどで使われます。こうした安いコメほど価格が上がっている状況です」

 猛暑による品質低下で新之助などの1等米だけでなく、業務用スーパーなどで販売されている廉価なコメも不足している。不足の一方でコメの需要は旺盛で、その原因としてインバウンド(訪日客)の影響があげられているが……。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」