女子中高生がお父さんともちたい共通の趣味 2位は「映画やドラマ」…では1位は?

公開日: 更新日:

 6月16日は父の日だったが、思春期の子どもをもつ父親は、子どもとのコミュニケーションに悩むもの。とくに女の子はムズカシイ。娘さんのことを理解して仲良くしたいが、いったいどうすればいいのか……。

 オンライン語学学習プラットフォーム「Preply(プレプリー)」では5月29日、インターネットで日本在住の15~18歳の学生(男女)600人に、父親と子ども(中高生)とのコミュニケーションについて調査を実施。それによると、70%もの子どもが父親と対面での会話を望み、約86%の子どもが「気持ちや考えを理解してくれる」「人間的に尊敬できる」父親像を理想としているという。そして、30%以上の子どもが「一緒に趣味や活動を楽しめる」父親が理想とも答え、共通の趣味をもつ子どものほうが、2.5倍も父親と理解しあっていると感じているという。

 では、父親とどんな共通の趣味をもちたいと考えているのか。女子の4位の「スポーツ観戦」「アウトドア活動」は一緒に楽しめそうだが、同率で4位に入っているのが「推し活」。娘が熱心に推しているものといえば、旧ジャニーズ事務所のタレントやK-POP歌手か……。う~ん、ちょっとハードルが高い。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差