NYに“オナニーBOX”登場 米国人はあちこちで射精するの?

公開日:  更新日:

「世界初のオナニーボックスか」と騒がれているのが、米ニューヨークに特設された「ガイファイ」なる個人ブースだ。英国のアダルトグッズメーカー「ホット・オクトパス」が先週設置したもので、ビジネスマンの仕事中のストレスを軽減してもらうのが本来の目的だが、ブースの中と外が黒いカーテンで仕切られているため、オナニーボックスとして注目されている。

 設置初日は100人が利用した。同ブースを紹介した記事によると、ニューヨークで働く男性の30~40%が仕事の休み時間にオナニーをしているというからビックリだ。米国人は性欲を我慢できないのか。

「米国の男性は性欲が強過ぎるのです」とは米国在住経験のあるAV女優の朝宮涼子さんだ。

「20~30代の夫婦は毎晩セックスするのは当たり前。50代だって週に3回はします。日本みたいなラブホテルがなく、ニューヨークはモーテルも少ない。一般のホテルの宿泊代が200ドル(約2万3000円)もする。そのためカップルはバーのトイレや、ドライブイン・シアターで映画を見ながら本番をします。同僚同士のカップルは夜、オフィスの隅で立ちバックでしますが、罪悪感を感じる人はいません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る