NYに“オナニーBOX”登場 米国人はあちこちで射精するの?

公開日: 更新日:

「世界初のオナニーボックスか」と騒がれているのが、米ニューヨークに特設された「ガイファイ」なる個人ブースだ。英国のアダルトグッズメーカー「ホット・オクトパス」が先週設置したもので、ビジネスマンの仕事中のストレスを軽減してもらうのが本来の目的だが、ブースの中と外が黒いカーテンで仕切られているため、オナニーボックスとして注目されている。

 設置初日は100人が利用した。同ブースを紹介した記事によると、ニューヨークで働く男性の30~40%が仕事の休み時間にオナニーをしているというからビックリだ。米国人は性欲を我慢できないのか。

「米国の男性は性欲が強過ぎるのです」とは米国在住経験のあるAV女優の朝宮涼子さんだ。

「20~30代の夫婦は毎晩セックスするのは当たり前。50代だって週に3回はします。日本みたいなラブホテルがなく、ニューヨークはモーテルも少ない。一般のホテルの宿泊代が200ドル(約2万3000円)もする。そのためカップルはバーのトイレや、ドライブイン・シアターで映画を見ながら本番をします。同僚同士のカップルは夜、オフィスの隅で立ちバックでしますが、罪悪感を感じる人はいません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  7. 7

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る