二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

古市憲寿<下> 2050年の日本についてぜひ書いてみたい

公開日: 更新日:

二木 この国の将来についてお伺いします。どんな社会になると見ていますか。

古市 2050年には今年生まれた子が34歳になっていますが、惨憺たる社会になっているでしょうね。総人口は1億人を割り込み、高齢化が一段と進行、認知症患者が1000万人に達するかもしれない。明るい未来はありません。

二木 絶望的な状況ですね。

古市 とくに高齢者は悲惨です。今の高齢者の多くは結婚していたり、兄弟がいますが、34年後は単身高齢者が多くなります。社会は対応できるのか。介護保険の仕組みは団塊世代までは通用するかもしれませんが、それ以降はどうなるか。団塊ジュニアを支える同じ数の子供がいないのですから悲惨ですよ。

二木 社会保障の枠組みが機能しなくなる。どんなことが起きるのでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る