二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

古市憲寿<下> 2050年の日本についてぜひ書いてみたい

公開日:  更新日:

二木 この国の将来についてお伺いします。どんな社会になると見ていますか。

古市 2050年には今年生まれた子が34歳になっていますが、惨憺たる社会になっているでしょうね。総人口は1億人を割り込み、高齢化が一段と進行、認知症患者が1000万人に達するかもしれない。明るい未来はありません。

二木 絶望的な状況ですね。

古市 とくに高齢者は悲惨です。今の高齢者の多くは結婚していたり、兄弟がいますが、34年後は単身高齢者が多くなります。社会は対応できるのか。介護保険の仕組みは団塊世代までは通用するかもしれませんが、それ以降はどうなるか。団塊ジュニアを支える同じ数の子供がいないのですから悲惨ですよ。

二木 社会保障の枠組みが機能しなくなる。どんなことが起きるのでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る