経営者が明かす真夏のラブホ事情 草食系ならではの使い方

公開日:  更新日:

「景気? う~ん、いいとは言えません。昔に比べて20代の若者の利用が減ったような気がします。待合室で待ってるカップルを見ると、20代より30~40代の男性が多い。私は40歳ちょっとで団塊ジュニア世代ですが、大学生のころは、バレンタインだ、花火大会だと女の子を誘うイベントがあると、必ずといっていいほどラブホになだれ込んでましたから。この時季だと、海へ行った帰りとか。昔は夏場、部屋の掃除に入るとお風呂に砂が落ちてることがよくあったけど、最近はほとんどありませんね~」

 こうボヤくのは、神奈川県下の某駅の近くで、ラブホテルを経営するオーナーM氏。8月は書き入れ時なのに、客足はイマイチ。人件費削減のため、週末は“自ら部屋の清掃に入ってベッドメークもする”と嘆く。求人募集広告を出しても、なかなか人が集まらないのも悩みの種だそうだ。

「週末は、40代、50代のご夫婦の利用が確実に増えるんですよ。ええ、長いことこの商売をやってると、フロントからチラ見しただけで、夫婦か恋人同士か、デリヘル嬢連れかなどの区別はほぼ分かります。子供がある程度大きくなって、家の中ではエッチがやりづらいんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る