• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

続・公開ヒアリングという名のセレモニー<下>

「日本型の新しい分煙を世界に示す機会」と前向きな提言

「お上」の意見聴取に事業者が限られた時間のなかで現状の取り組みを説明し、今後の対策に配慮をお願いする。2回のヒアリングではそうした光景が繰り返された。国がたたき台を示し、公開でヒアリングを行うという手続きは民主的だが、座長を含む15人のワーキンググループメンバーに囲まれたなかで発言し、質問に答える事業者側は2、3人程度。多勢を相手に反対論を展開するのは相当プレッシャーがかかったのではないか。

 そうしたなか、「絶対禁煙という方針には賛成しかねる」と言い切った生活衛生関連業界は、反対論だけでなく前向きな提言を主張した。

「日本の技術力、勤勉さ、おもてなしの心をもってすれば、(東京五輪は)日本型の新しい分煙を、分煙先進国を外国の人に示すいい機会ではないかと思う。これをやっていけば新しい動きになるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る