主流テーマは悲惨や不幸 夫が知らないレディコミ最新事情

公開日: 更新日:

「ゲス男につくす女」「女の泥仕合」「超せこい女」……。コンビニの本棚に並ぶ女性向けマンガ誌、いわゆる「レディースコミック」のタイトルだ。まるで女性週刊誌の見出しのようなテーマが棚の8割を占める。

 そんな状況に「え?」と首をひねる男性もいるはず。“レディコミ”といえば、セックス描写の過激な恋愛ファンタジーのイメージだったが、いつからこんなにゲスになったのか。

「本当にあった女の人生ドラマ」「女の不幸人生」など多くのレディコミを出版する、ぶんか社の後迫直樹編集長に聞いた。

「レディコミは、90年代に恋愛や不倫などを扱って一世を風靡しました。しかし、読者層が結婚したことで関心が変化。嫁と姑、ご近所トラブル、許せないダメ夫などの特集が支持されるようになったのです」

 そんな読者層の生活ぶりの変化を受けて十数年前から、人の噂話や不幸話、嫌いな女といった、女性週刊誌のネタみたいな内容で特集を組むように。それでも「これらはマイルドな方」だとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る