主流テーマは悲惨や不幸 夫が知らないレディコミ最新事情

公開日:

「ゲス男につくす女」「女の泥仕合」「超せこい女」……。コンビニの本棚に並ぶ女性向けマンガ誌、いわゆる「レディースコミック」のタイトルだ。まるで女性週刊誌の見出しのようなテーマが棚の8割を占める。

 そんな状況に「え?」と首をひねる男性もいるはず。“レディコミ”といえば、セックス描写の過激な恋愛ファンタジーのイメージだったが、いつからこんなにゲスになったのか。

「本当にあった女の人生ドラマ」「女の不幸人生」など多くのレディコミを出版する、ぶんか社の後迫直樹編集長に聞いた。

「レディコミは、90年代に恋愛や不倫などを扱って一世を風靡しました。しかし、読者層が結婚したことで関心が変化。嫁と姑、ご近所トラブル、許せないダメ夫などの特集が支持されるようになったのです」

 そんな読者層の生活ぶりの変化を受けて十数年前から、人の噂話や不幸話、嫌いな女といった、女性週刊誌のネタみたいな内容で特集を組むように。それでも「これらはマイルドな方」だとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る