主流テーマは悲惨や不幸 夫が知らないレディコミ最新事情

公開日: 更新日:

「ゲス男につくす女」「女の泥仕合」「超せこい女」……。コンビニの本棚に並ぶ女性向けマンガ誌、いわゆる「レディースコミック」のタイトルだ。まるで女性週刊誌の見出しのようなテーマが棚の8割を占める。

 そんな状況に「え?」と首をひねる男性もいるはず。“レディコミ”といえば、セックス描写の過激な恋愛ファンタジーのイメージだったが、いつからこんなにゲスになったのか。

「本当にあった女の人生ドラマ」「女の不幸人生」など多くのレディコミを出版する、ぶんか社の後迫直樹編集長に聞いた。

「レディコミは、90年代に恋愛や不倫などを扱って一世を風靡しました。しかし、読者層が結婚したことで関心が変化。嫁と姑、ご近所トラブル、許せないダメ夫などの特集が支持されるようになったのです」

 そんな読者層の生活ぶりの変化を受けて十数年前から、人の噂話や不幸話、嫌いな女といった、女性週刊誌のネタみたいな内容で特集を組むように。それでも「これらはマイルドな方」だとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る