• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池都政 たばこ規制の罠<2>

 都民ファースト(都民F)が7月の都議選を前に、他党との差別化で打ち出した公約が、家庭内などでの喫煙を規制する「子どもを受動喫煙から守る条例」案だった。都民Fと公明党は来月5日の閉会日までに成立を目指している。

「子どもは社会の宝、活力の源、未来への希望であり、全ての子どもが安心して暮らせる環境を整備することは、社会全体の責務である」

「子どもについては、自らの意思で受動喫煙を避けることが困難」

 条例案(概要)の前文に書かれた一節である。その通りである。だからといって、法規制までする必要があるのか。条例制定には多くの疑問がある。

 まず、罰則規定のない条例の必要性。条例案について都民Fの担当者は「啓発条例」であることを強調していたが、啓発目的ならばわざわざ法制化しなくてもいい。条例案(概要)の中で「学校教育、社会教育その他の教育現場において、受動喫煙の防止に関する教育の推進」などを規定している。まさに、学校や保健所、自治体などの現場で啓発活動を強化し、都民の理解を促していけばいい話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る