「子ども」の次は本丸の「受動喫煙防止条例」

公開日: 更新日:

「子どもを受動喫煙から守る条例」案に対しては、都民F、公明以外の各会派も「理念は正しい」といった立場なので、各論反対・総論賛成で最終的には今定例会で成立するものとみられている。

 そして「たばこ規制」の第2ラウンドに突入する。小池知事が8日の会見でぶち上げた「東京都受動喫煙防止条例」の制定に向けた動きが始まるのだ。小池知事は「今回は30平方メートルで皆さんの意見を聞きたい」と、禁煙対象の例外とする小規模飲食店の面積基準を、厚労省の当初案と同じ水準にする構えだ。さらに、例外規定には、30平方メートル以下の店で「従業員がいないか、全従業員が同意した場合」「未成年者を立ち入らせない」という条件が付く。厚労省案よりも厳しい内容だ。

 9月8日から10月6日までパブリックコメントを公募中で、それを踏まえて条例案をまとめ本年度中に都議会に提出。周知期間を経て、ラグビーのワールドカップが開幕する19年9月までの施行を目指すとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る