バウンド感が…力士にひかれる「スー女」たちの“性態”

公開日:

 貴ノ岩が日馬富士に暴行された際、貴ノ岩は白鵬の説教中に“彼女”とスマホでやりとりしていたというが、いま力士はとにかくモテる。“スー女”は力士のどこに引かれるのか。

 スー女を取材した作家の加藤文果氏が言う。

「15歳ごろから寮生活の男性社会でストイックな生活を送っているからか、女性と出会うチャンスを大事にしている。スー女たちは、『お相撲さんは積極的で男性力が高い。彼女以外でも、ちゃんと女の子扱いしてくれる』と。大和男児というのか、自分のことをベラベラ話し過ぎず女性を立ててくれるのも評価が高いと聞きます」

 体は曲線的で丸い顔つきも母性本能をくすぐるらしい。もっとも、アッチも凄い。あらゆるスポーツ選手と一戦を交えたというアラサーOLは言う。

「すっかり“スー女”になりました。お相撲さんとは体位に制限があって、正常位はできません。またがることになるんですが、このバウンド感にハマりました。ディズニーアニメのベイマックスに乗ってるみたいな、アトラクション的な楽しさもあります。ボクサーや野球選手は体がシャープで安心感はない。お相撲さんはマッチョとは違い、適度な脂肪に包まれて柔らかいし守られている感じがします。体力もあるから、何度もできるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る