バウンド感が…力士にひかれる「スー女」たちの“性態”

公開日: 更新日:

 貴ノ岩日馬富士に暴行された際、貴ノ岩は白鵬の説教中に“彼女”とスマホでやりとりしていたというが、いま力士はとにかくモテる。“スー女”は力士のどこに引かれるのか。

 スー女を取材した作家の加藤文果氏が言う。

「15歳ごろから寮生活の男性社会でストイックな生活を送っているからか、女性と出会うチャンスを大事にしている。スー女たちは、『お相撲さんは積極的で男性力が高い。彼女以外でも、ちゃんと女の子扱いしてくれる』と。大和男児というのか、自分のことをベラベラ話し過ぎず女性を立ててくれるのも評価が高いと聞きます」

 体は曲線的で丸い顔つきも母性本能をくすぐるらしい。もっとも、アッチも凄い。あらゆるスポーツ選手と一戦を交えたというアラサーOLは言う。

「すっかり“スー女”になりました。お相撲さんとは体位に制限があって、正常位はできません。またがることになるんですが、このバウンド感にハマりました。ディズニーアニメのベイマックスに乗ってるみたいな、アトラクション的な楽しさもあります。ボクサーや野球選手は体がシャープで安心感はない。お相撲さんはマッチョとは違い、適度な脂肪に包まれて柔らかいし守られている感じがします。体力もあるから、何度もできるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る