• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バウンド感が…力士にひかれる「スー女」たちの“性態”

 貴ノ岩が日馬富士に暴行された際、貴ノ岩は白鵬の説教中に“彼女”とスマホでやりとりしていたというが、いま力士はとにかくモテる。“スー女”は力士のどこに引かれるのか。

 スー女を取材した作家の加藤文果氏が言う。

「15歳ごろから寮生活の男性社会でストイックな生活を送っているからか、女性と出会うチャンスを大事にしている。スー女たちは、『お相撲さんは積極的で男性力が高い。彼女以外でも、ちゃんと女の子扱いしてくれる』と。大和男児というのか、自分のことをベラベラ話し過ぎず女性を立ててくれるのも評価が高いと聞きます」

 体は曲線的で丸い顔つきも母性本能をくすぐるらしい。もっとも、アッチも凄い。あらゆるスポーツ選手と一戦を交えたというアラサーOLは言う。

「すっかり“スー女”になりました。お相撲さんとは体位に制限があって、正常位はできません。またがることになるんですが、このバウンド感にハマりました。ディズニーアニメのベイマックスに乗ってるみたいな、アトラクション的な楽しさもあります。ボクサーや野球選手は体がシャープで安心感はない。お相撲さんはマッチョとは違い、適度な脂肪に包まれて柔らかいし守られている感じがします。体力もあるから、何度もできるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  7. 7

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る