• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん<下>

二木 安田さんは被災地の陸前高田を撮り続けています。どんな関わりがあったのですか。

安田 夫(フォトジャーナリストの佐藤慧さん)の両親が盛岡出身で、震災当時は陸前高田に住んでいました。義父は幸い一命を取り留めましたが、義母は川の9キロ上流で、愛犬の散歩ひもを握ったまま見つかりました。手話通訳をやっていて、地震があるたびに近所の耳の不自由な人のもとを訪れていたそうです。震災の時もそうだったのかもしれません。最後まで誰かのために生きた義理の母の命がこの町の中にあるのであれば、この町の中でそれを守りたいし、この町のことを伝えていきたいと。そこからずっと通わせていただいています。

二木 震災2週間後に陸前高田に行きましたが、何もなかった。愕然としました。

安田 陸前高田と大槌は市街地がまるでない状況でした。もう7年ですものね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る