フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん<下>

公開日: 更新日:

二木 安田さんは被災地の陸前高田を撮り続けています。どんな関わりがあったのですか。

安田 夫(フォトジャーナリストの佐藤慧さん)の両親が盛岡出身で、震災当時は陸前高田に住んでいました。義父は幸い一命を取り留めましたが、義母は川の9キロ上流で、愛犬の散歩ひもを握ったまま見つかりました。手話通訳をやっていて、地震があるたびに近所の耳の不自由な人のもとを訪れていたそうです。震災の時もそうだったのかもしれません。最後まで誰かのために生きた義理の母の命がこの町の中にあるのであれば、この町の中でそれを守りたいし、この町のことを伝えていきたいと。そこからずっと通わせていただいています。

二木 震災2週間後に陸前高田に行きましたが、何もなかった。愕然としました。

安田 陸前高田と大槌は市街地がまるでない状況でした。もう7年ですものね。

二木 話は変わりますが、最近の世の中で怒りを覚えていることは何ですか。

安田 この1年を振り返ってみると、昨年4月に米国がシリア空爆を決行した時、日本の政界から“これで北朝鮮も萎縮する”といった声が上がりました。イラク戦争の時と一緒です。他国の犠牲の上に自分たちの平和を成り立たせようというマインドに怒りを覚えますね。そこに生活している人たちの目線に立とうとしないのです。麻生さんの“武装難民”発言も怒りでしかないですね。武装勢力と庇護を求めてきている難民は定義上まったく違います。それを混同してすべて危ないかのように印象付けることの意味合いは何なんだろうかということです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  2. 2
    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

  3. 3
    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

  4. 4
    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

  5. 5
    大谷の鬼気迫る咆哮が浮足立つベンチのムードを変えた…メキシコ戦サヨナラ勝利の舞台裏

    大谷の鬼気迫る咆哮が浮足立つベンチのムードを変えた…メキシコ戦サヨナラ勝利の舞台裏

  1. 6
    「罠の戦争」大反響の最終回! 竜崎総理のまさかの展開に《モデルは安倍さんじゃん》とネット騒然

    「罠の戦争」大反響の最終回! 竜崎総理のまさかの展開に《モデルは安倍さんじゃん》とネット騒然

  2. 7
    篠田麻里子との不倫疑惑で訴えられた起業家の今…貝になって“静観”したやんごとなき事情

    篠田麻里子との不倫疑惑で訴えられた起業家の今…貝になって“静観”したやんごとなき事情

  3. 8
    中村倫也ロスで“独身最後の砦”松下洸平に注目集まり…ブレーク前夜に“匂わせ”投稿の噂

    中村倫也ロスで“独身最後の砦”松下洸平に注目集まり…ブレーク前夜に“匂わせ”投稿の噂

  4. 9
    メッツ千賀“ゴーストフォーク”ようやく解禁 ここまで封印させたベテラン指揮官の深謀遠慮

    メッツ千賀“ゴーストフォーク”ようやく解禁 ここまで封印させたベテラン指揮官の深謀遠慮

  5. 10
    一人暮らし20代女性宅クローゼットから直属上司が…発見までの一部始終と仰天の侵入回数

    一人暮らし20代女性宅クローゼットから直属上司が…発見までの一部始終と仰天の侵入回数