フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん<下>

公開日:

二木 安田さんは被災地の陸前高田を撮り続けています。どんな関わりがあったのですか。

安田 夫(フォトジャーナリストの佐藤慧さん)の両親が盛岡出身で、震災当時は陸前高田に住んでいました。義父は幸い一命を取り留めましたが、義母は川の9キロ上流で、愛犬の散歩ひもを握ったまま見つかりました。手話通訳をやっていて、地震があるたびに近所の耳の不自由な人のもとを訪れていたそうです。震災の時もそうだったのかもしれません。最後まで誰かのために生きた義理の母の命がこの町の中にあるのであれば、この町の中でそれを守りたいし、この町のことを伝えていきたいと。そこからずっと通わせていただいています。

二木 震災2週間後に陸前高田に行きましたが、何もなかった。愕然としました。

安田 陸前高田と大槌は市街地がまるでない状況でした。もう7年ですものね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る