女性の6割がモテ目的 ハロウィーンは今や出会いの場に

公開日:

 月末はハロウィーンだ。これ、若い女性が出会いを期待するイベントだという。「ハロウィーン仮装」の実態調査(楽天市場)によれば、「ハロウィーン」は男性との新たな出会いがありそうなイベントの2位。1位の「夏祭り・花火大会」には及ばないものの、クリスマスやお花見よりも重要度が高い。また、「ハロウィーンの仮装の際に、知らない異性に声をかけられた場合、どう思うか」には6割以上が「うれしい」と回答。約6割が「モテたい」という。男女問題に詳しい作家の加藤文果氏がこう言う。

「ハロウィーンは、年に一度の自分を出せるイベントなので女性側の気合がすごい。これがクリスマスパーティーだと、異性を意識してしまい、かしこまった雰囲気になります。一方のハロウィーンは、街全体を会場にして気軽に参加できます。ハードルの低い出会いの場ですね」

 参加女性は10~30代が中心。この時ばかりは都心部のメークスタジオは予約でいっぱいになる。本格派が増えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る