• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国でヒョウ柄がリバイバル…日本でも大阪・埼玉で再燃か

 日本でヒョウ柄といえば「大阪のおばちゃん」が好むファッションというイメージがあるが、今夏、米国のビーチやプールではヒョウ柄ビキニが最もホットな柄としてリバイバルヒットしている。

 雑誌「ヴォーグ」は「今夏、プールで最も大きな水しぶきを上げたければ(目立ちたければ)、ヒョウ柄を着るべき。大胆にして古典的な柄であり、間違いなくトレンドになっている」と書いている。ヒョウ柄は1950年代に流行し、2003年にリバイバル。そして今夏、再燃している。

 理由は米デザイナーのマイケル・コースやシンシア・ローリーらがファッションショーでヒョウ柄を含むアニマル柄を多く取り入れたことで、モデルや女優が着始め、一般にも広まったからだ。

 ちなみにアパレル通販「ZOZOTOWN」によると、日本でヒョウ柄が買われる都道府県ランキングで、大阪府は2位。1位はなんと埼玉県だった。すでに時代の先を読んでいたということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る