3組に1組が離婚する時代 3大トラブルどう防ぐか専門家指南

公開日:

 3組に1組は離婚する時代。リスクを減らすために婚活中から知っておきたいことがある。

「結婚後、夫婦仲をこじらせるトラブルは主に3つです」と言うのは、「男の婚活は会話が8割」の著者で婚活アドバイザーの植草美幸氏だ。既婚者からの相談が多いのは「セックスレス」「教育方針」「生活費」だという。

「セックスレスに悩む40代の男性から『妻が2人目を産んでから応じてくれない。1年あけて続けて出産になったから疲れたと言われる』と相談されました。晩婚のために出産年齢を意識して立て続けに産む女性は少なくありません。そうなると子供に愛情を注ぐあまり、夫への愛情が次第に湧かなくなってくる。そのまま離婚というケースが増えています。そもそもこういう女性は、結婚前からそれほど夫を好きではなく、どちらかというと打算で相手を選んでいることも多いですから、相手が30代半ば以上で出産ばかり口にするようなら、本当に自分を好きなのか見極めた方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る