セックス絶頂時の「イキ顔」西洋人と東洋人で異なると判明

公開日: 更新日:

 人間の表情は世界共通だといわれてきたが、少なくともセックス時の〈オルガスムの顔〉(O―Faces)は、東西で大きく異なることが、科学的に判明した。

 英国グラスゴー大学の心理研究者たちは、人間のさまざまな表情をコンピューターで作成。それを40人の女性と男性の被験者に見せて、その中から「痛い」時の表情と「絶頂」の際の表情を選んでもらった。すると、痛い時の表情は全員同じだったが、絶頂では欧米人と東アジア人では、全く異なる結果となった。

 欧米人の絶頂顔は目を見開き、口を大きく開けた表情を選んだのに対して、東アジア人は目をつぶり、口を閉じ、口角が少し上がった表情を選んだのだ。つまり、欧米人は「大げさに驚いたような表情」で、東アジア人は「リラックスしてほほ笑んでいるような表情」で、絶頂に達しているという。

 研究者らは、この違いの原因を次のように説明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る