中国「二人っ子政策」で国内の精子バンクが深刻な供給不足

公開日: 更新日:

 人口14億の中国は「一人っ子政策」を30年ほど実施してきたが、今後の人口減少をにらみ、2016年に「二人っ子政策」に切り替えた。そのため不妊治療をするカップルが増加し、各地の精子バンク(精子庫)では「深刻な供給不足」といった状況に陥っている。

 中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」などでは、精液提供を求める広告がアップされ、なかには「腎臓を売らなくても精子でiPhoneが買えます!」といった、不謹慎なものまで登場。

 これに対し、「俺でよければ、いくらでもどうぞ!」「女性ナースが手伝ってくれるのかな?」などといった書き込みが相次いだが、精子提供者になるには厳しい審査基準がある。中国国籍で、高学歴や高身長、本人および家族の病歴なども問われる。

 実際の精子提供では、7日前から“禁欲”が求められ、精子バンクの個室で自分一人で採取するが、部屋には中国で人気の蒼井そらなどの日本製のAVが完備されているという。謝礼は、最初の精子検査用の採取では、30~50元(約470~790円)だが、合格すると数カ月間に10回ほどの精子提供が求められ、1回に300元(約5000円)が支給される。さらに、精子が活用されると1000元(約1万6000円)を受け取ることができる。

 なお、精子提供者の条件には「社会主義の祖国を愛し、中国共産党の指導を支持する者に限る」というのも掲げられており、あるウェイボーの書き込みは、以下のようにやゆしている。

「国家と党への献身は、精子から始まる! かくして愛国者のDNAは引き継がれるのだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る