受動喫煙訴訟 日本禁煙学会理事長が刑事告発された顛末

公開日: 更新日:

 3月29日、厚生労働省の記者クラブで注目の会見が開かれた。首都圏在住の7人の告発人が、一般社団法人・日本禁煙学会の作田学理事長を虚偽診断書行使罪で東京地検特捜部に刑事告発することを知らせる内容で、会見には4人が出席した。その後、告発先は神奈川県警青葉署に変更され、3月31日に告発状が提出された。

 いったい、どういうことか。まずは経緯を簡単に説明しよう。コトの発端は横浜市内在住のA家族が、同じマンションに住むミュージシャンのB氏に対し、受動喫煙で健康被害を受けたなどとして約4500万円もの損害賠償を求める訴訟を2017年11月、横浜地裁に起こしたことだ。

 この裁判では原告A家族の3人(A、A妻、A娘)が、B氏の喫煙による受動喫煙で健康被害を受けたと主張した。

 しかし、横浜地裁は「本件全証拠によっても、原告らの体調不良ないし健康被害がたばこの副流煙によって生じたと認めることはできない」などとして、2019年11月28日、原告の請求を棄却した。その後の控訴審(東京高裁)でも「控訴人らの本件各請求は理由がない」として、2020年10月29日の判決で控訴を棄却した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…