ハナツアージャパン・李炳燦社長<4>観光客のニーズに応える

公開日: 更新日:

 近年は、国を挙げての訪日促進戦略の効果も表れ、2017年の訪日観光客は2869万人、韓国人観光客も初めて700万人を突破した。今年は800万人を超える見込みだという。

 韓国からの送客数がこれほど伸びているのは、LCCの台頭が大きい。

「低料金で海外に行けるようになると、やはり日本は近くて手軽ですからね。政治的な問題の影響はありません」

 次々とLCCが就航して、ソウルからの定期便が発着する空港は、日本全国23にまで増えた。旭川や釧路などの不定期便も合わせると、30近くの空港がソウル便を受け入れている。

 訪日観光の定番といえば、4~5泊の日程で行く東京~箱根~京都~大阪の“ゴールデンルート”だが、ハナツアージャパンの場合、それは売り上げの10%にすぎない。韓国では、今や日本は「いつでも行ける国」となり、旅のスタイルも変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る