ハナツアージャパン・李炳燦社長<4>観光客のニーズに応える

公開日: 更新日:

 近年は、国を挙げての訪日促進戦略の効果も表れ、2017年の訪日観光客は2869万人、韓国人観光客も初めて700万人を突破した。今年は800万人を超える見込みだという。

 韓国からの送客数がこれほど伸びているのは、LCCの台頭が大きい。

「低料金で海外に行けるようになると、やはり日本は近くて手軽ですからね。政治的な問題の影響はありません」

 次々とLCCが就航して、ソウルからの定期便が発着する空港は、日本全国23にまで増えた。旭川や釧路などの不定期便も合わせると、30近くの空港がソウル便を受け入れている。

 訪日観光の定番といえば、4~5泊の日程で行く東京~箱根~京都~大阪の“ゴールデンルート”だが、ハナツアージャパンの場合、それは売り上げの10%にすぎない。韓国では、今や日本は「いつでも行ける国」となり、旅のスタイルも変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る