中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

特典やポイント還元が目白押し スマホ決済主要5社を比較

公開日: 更新日:

 スマホ決済アプリが続々と登場している。

 主要5社について登録と決済方法、特徴などを紹介してみよう。

 まずはお笑いタレントの宮川大輔のCMでお馴染みのPayPay。ソフトバンクとヤフーが合弁で運営する。ビックカメラやヤマダ電機をはじめ、ファミリーマート、ウエルシア、松屋など多くの店舗で使用でき、近くローソンでも使えるようになる。

 登録はまず、スマホにアプリをダウンロードし、画面に従ってクレジットカードや銀行口座を登録。そのたびに500円、1000円とサービスのお金がチャージされる。クレジットカードを登録する際は「3Dセキュア(本人認証)」(JCBは不可)を設定し、不正利用を防ぐ仕組みだ。初回登録で500円分がもらえる。

 支払い方法は2通り。QRコードを提示している店舗の場合はアプリからそのQRコードを読み取り、会計金額を入力。店舗スタッフの確認後に支払いボタンを押して完了する(以下読み取り決済)。店舗にバーコードを見せるストアスキャン決済の場合、店員さんがスキャナーでスマホ画面を読み取ることで支払いが完了する(以下コード決済)。チャージ払いの他、クレジットカード、ヤフーマネー払いもできる。5月31日まで、10回に1回、最大20%(上限1000円)戻ってくる第2弾の100億円キャンペーンを実施中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

もっと見る