中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

長所はそれぞれ…生活にあわせて得する決済アプリを選ぶ

公開日: 更新日:

 スマホ決済を仕事や生活のシーンでスマートに使いこなす。

 まずは「PayPay」(ペイペイ)。QRコードを印刷した紙の表示だけで決済ができることから、近所の商店街や中小店舗での導入が期待できる。すでに昭和レトロ漂う「下町人情キラキラ橘商店街」(墨田区)など商店街ぐるみで導入しているケースも出てきており、たこ焼きでポイントが貯まることも。ペイペイは中国人向けのアリペイとも連携している。

 今後、Yahoo!ショッピングやヤフオクでの導入が予定されており、その際、使用期間の短い「期間固定Tポイント」がペイペイに変更されるのだという。使えなくて消滅していたポイントが実店舗で使えるのがうれしい。

 スポーツ観戦が趣味の人が便利なのは「R Pay」(楽天ペイ)だろう。野球サッカースタジアムでのキャッシュレス化を進める楽天はビールの売り子をはじめ、売店などで楽天ペイが使えるシステムを進めている。楽天ポイントが実店舗で使えるのもキャッシュレスの恩恵だといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る