中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

長所はそれぞれ…生活にあわせて得する決済アプリを選ぶ

公開日: 更新日:

 スマホ決済を仕事や生活のシーンでスマートに使いこなす。

 まずは「PayPay」(ペイペイ)。QRコードを印刷した紙の表示だけで決済ができることから、近所の商店街や中小店舗での導入が期待できる。すでに昭和レトロ漂う「下町人情キラキラ橘商店街」(墨田区)など商店街ぐるみで導入しているケースも出てきており、たこ焼きでポイントが貯まることも。ペイペイは中国人向けのアリペイとも連携している。

 今後、Yahoo!ショッピングやヤフオクでの導入が予定されており、その際、使用期間の短い「期間固定Tポイント」がペイペイに変更されるのだという。使えなくて消滅していたポイントが実店舗で使えるのがうれしい。

 スポーツ観戦が趣味の人が便利なのは「R Pay」(楽天ペイ)だろう。野球やサッカースタジアムでのキャッシュレス化を進める楽天はビールの売り子をはじめ、売店などで楽天ペイが使えるシステムを進めている。楽天ポイントが実店舗で使えるのもキャッシュレスの恩恵だといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る