家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

公開日: 更新日:

 もともとは外資系のマーケティング会社で働いていた小林さん。それなりに仕事にはやりがいがあり、収入も安定していたが、「サラリーマンなんてしょせん雇われの身。会社の都合でどのようにもなってしまいます。自分の力だけで稼いでいく方法はないかと、ずっと考えていました」。

 転機は2004年。30代後半のころだ。知人に頼まれ、実家の近くに土地を買い、木造3階建ての賃貸併用住宅を新築した。自己資金は400万円ほど。不動産投資にさほど関心があったわけではないが、「不動産なら手堅いだろう」と考えたという。

 資金はローンを組んで調達。しかも20代のころに買った自宅のローンが残っており、合わせると億を超えた。

「自宅はもちろん自分が住むために建てたのですが、将来、人に貸すつもりで玄関を3つ付けました。現在は7棟のうちの1棟として賃貸しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る