ドラマ“逃げ恥”の制作会社も「令和の倒産」大都市で急増中

公開日: 更新日:

■従業員10人未満の倒産も急増

 もう1つ見逃せないのが従業員10人未満の倒産が増加している点。昨年4月に比べ、今年4月は3・8%増加した。東京商工リサーチは「今後の見通し」を次のように分析している。

「企業の将来性などで取引を判断する『事業性評価』が本格的に動きだしており、今後は金融機関の取引姿勢の動向にも注視をおこたれなくなっている」。銀行もマイナス金利の影響で業績は悪化傾向。経営が傾いた中小・零細企業の返済を猶予する余裕はなくなっている。体力の衰えた従業員10人未満の〝小さな会社〟が倒産する理由のひとつだ。

 この先も、零細企業がバタバタと倒れていく危険性は高い。そして大都市からジワジワと倒産が広がっていく。令和の倒産激増が近づきつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る