築地「レンガ」30年以上はやり続ける条件は味、客、跡取り

公開日: 更新日:

 どの街にも大手コーヒーチェーンが店を構える時代に、個人経営の「オンリーワン喫茶店」がどのように経営を成り立たせているのかを分析する。それが、このコラムの趣旨なのだが、今回取材にお邪魔した「レンガ」は、企画の趣旨に対して教科書のような答えを用意している店だった。

 開業は1983年。現オーナーの長谷川宏樹さん(写真)のお母さまが始めた。築地というと市場を思い浮かべがちだが、周囲には中規模オフィスが多く、そこで働く人を当て込んで開いたのだという。

 そうした「オンリーワン喫茶店」は近所に数多くあったが、30年以上を経て、今や数えるほどしかない。代わりに存在感を見せるのは、やはり大手コーヒーチェーンだ。その中でなぜ、レンガは客足が絶えないのか。「すべてはお客さまのおかげです」と語る長谷川さんの、客に対するさまざまな心配りがにじみ出ているからなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る