重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

業績悪化の曙ブレーキを待つ経営再建までの長い道のり

公開日: 更新日:

 経営難に陥っていたブレーキ大手、曙ブレーキ工業の再建にほぼ道筋がついた。

 日本政策投資銀行や三菱UFJ銀行など3メガバンクが出資する事業再生ファンドによる200億円の優先株増資の引き受けが決まった上、取引金融機関に22日要請した560億円規模の債権放棄に対し、主力4行が受け入れの姿勢を示しているためだ。

 再建を進める上での「地雷原」(事情通)とされてきたパーキングブレーキの品質を巡る「偶発債務」問題も、曙ブレーキ側が78億円を補償負担することで納入先の完成車メーカーと合意。今3月期の第1四半期(19年4~6月)決算で特別損失に計上する。

 スポンサーとして割当増資を引き受けるのはジャパン・インダストリアル・ソリューションズ(JIS)。政投銀と3メガが各14・9%、残りをJIS経営陣が拠出して16年に設立したファンドで、これまでにシャープやトクヤマ、日本板硝子などに投資してきた実績を持つ。普通株への転換権がある無議決権優先株で資本注入し、社外取締役も送り込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る