小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

4代目ダイハツ・タントはN-BOXを超えたようで超えてない?

公開日: 更新日:

ダイハツ・タント

 一体どんな飛び道具を持ってくるのだろう? 今年大注目のフルモデルチェンジが敢行された。今や日本で最も売れる乗用車ジャンルとも言える軽スーパーハイトの4代目ダイハツ・タントである。

 そもそもタントは2003年にこのクラスを作った元祖。それまで軽乗用車でありながら1.7mの高い全高と巨大スライドドア(装備は2代目から)を持つクルマはなく、当初は一部の子育てママ層を中心にコアに売れた。軽にしては背が高すぎて少々不自然だったし、当時スライドドアは業務用イメージもあったからだ。

 しかしタントはそのまま順調に進化を続け、2代目で助手席スライドドアからピラー(柱)を除いた広々ミラクルオープンドア、3代目で左右両側スライドドアを導入し、子育て層を中心に安定した人気を発揮し続けた。

 ところが2011年に乗用車並みの質感と走りを持つ軽スーパーハイトワゴンの最強ライバル、ホンダN-BOXが登場。2代目は特に大人気で、タントはもちろん軽より大きいホンダ・フィットや日産ノートを抜き、今や日本で1番売れるクルマになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る