小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

期待の新ビジネス「情報銀行」の広がりを阻む医師会の思惑

公開日: 更新日:

「情報銀行」という聞き慣れない構想が金融界を跋扈している。「情報銀行」とは、①個人が信頼できる事業者に自らの個人情報を預ける②事業者はそのデータを加工して企業などの第三者に提供し報酬を得る③同時に、その報酬の一部を金銭などの形で個人に還元する――という新手のビジネスだ。

 まさに「情報」を集めて貸し出す「銀行」のようなもので、情報提供を受ける企業も、個人の購買状況や属性情報をマーケティングなどに生かせるメリットがある。

「情報銀行は、2016年に国の『世界最先端IT国家創造宣言』に盛り込まれた構想で、すでに所管する総務省と経産省のお墨付きを得た日本IT団体連盟という業界団体も発足しています。先月には、三井住友信託銀行とフェリカポケットマーケティングの2社にIT連盟から情報銀行の認定書が授与されたばかり。全銀協の高島誠会長も先月の記者会見で、銀行の新たなビジネスとして期待を寄せたほどです」とメガバンク幹部は語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る