中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

キャッシュレス化による「師走の過剰消費」で株価は上昇?

公開日: 更新日:

 忘年会シーズンだ。私も先日、友人と新宿「思い出横丁」で平日の昼間から飲んだ。午後2時から7時ごろまで飲酒したせいか、数日後に体調を崩した。近くのクリニックに診察開始直前に行くと、受付の女性は「7番目です」と。待合室には2人しかいなかったから予約の人が多いようだ。

 院内の掲示板には10月1日からインフルエンザワクチンの予防接種を開始とあった。

 厚生労働省は11月15日にインフルエンザの全国的な流行が始まったと発表。昨年より1カ月ほど早いインフルエンザ流行報道に、厚労省も敏感に反応したのだろう。米国や欧州の中央銀行の予防的利下げの実施と同じで、体も経済も事態が悪化する前の予防が重要なのだ。

 さて、総務省が11月8日に発表した9月の家計調査によると、1世帯(2人以上)当たり消費支出は30万609円と前年同月比9・5%増加、伸び率は比較可能な2001年1月以来、もっとも大きくなった。消費税率が14年4月に5%から8%に引き上げられた際、同年3月の伸び率は7・2%。これを大きく上回った。10月の10%への税率引き上げ前に、家計が予防に動いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る