伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

公開日: 更新日:

<星霜11年、防衛省担当者に妨害を受けている老人です>

 こう書かれた墨痕鮮やかな筆書きの挨拶状が手元にある。<老人>とは、立石建設グループを率いる立石勲氏。相手は、安倍首相の信頼が厚い加藤勝信厚生労働相で、書面が届けられた3年前は、特命担当相だった。

 立石氏は当時、傘下のタストン・エアポートが所有する鹿児島県・種子島西方12キロの無人島「馬毛島」を、米空母艦載機の陸上離着陸訓練用に売却すべく、防衛省と交渉していた。だが、価格差がネックとなり交渉は進展しない。

 石油備蓄基地、レーダー基地などいくつもの構想が生まれ、いずれも実らなかった馬毛島を、立石氏は1995年、4億円で購入。「民間の国際貨物空港にする」という夢に向け約150億円を投入、南北4200メートル、東西2400メートルの“粗滑走路”を設置した。民間空港の実現は難しかったものの、2006年、空母艦載機の部隊が厚木基地から岩国基地に移駐するのに際し、「岩国基地からの距離が近く騒音の心配のない無人島で条件に合う」と防衛省が馬毛島に目をつけ、交渉が開始された。だが、防衛省の鑑定価格が45億円なのに対し立石氏の希望価格は400億円。その落差は埋まらず、14年の歳月が流れた。しかし、11月29日、ついに「160億円プラスアルファ」で合意に達し、防衛省と契約書を取り交わした。誰もが驚く驚異の“粘り腰”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る