【オリンパスvsニコン】カメラや顕微鏡大手で余裕なのは?

公開日: 更新日:

 光学機器メーカーの代表格「オリンパス」と「ニコン」の社員待遇を比較してみます。

 両社ともカメラで知られる企業ですが、撮影はフィルムからデジカメ、そしてスマホへと大きく変化してきました。カメラメーカーはこうした変化に対応し続けています。

 オリンパスはカメラ部門でニコン、キヤノンに次ぐシェアを持っています。医療、科学、映像の3分野に強く、特に医療用の消化器内視鏡はシェア7割を誇ります。顕微鏡分野でも世界最大手といわれています。

 ニコンは三菱グループの一員で、売上高の約4割を映像事業のカメラが占めます。また精密制御といった高度な技術を基盤に顕微鏡や測定機、半導体露光装置などに定評があります。

 業績はどうでしょうか。19年3月期(単体)を見ると、オリンパスは売上高3768億円、ニコンは5095億円です。ニコンの方が売り上げは大きいですが、経常利益は439億円と463億円とあまり差はありません。ただ、純利益はニコンが516億円と、オリンパスの302億円をかなり上回っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る