在宅占いで月10万円稼ぐ人も コロナで“副業熱”再燃の兆し

公開日: 更新日:

 4月の緊急事態宣言後、在宅勤務をする会社員の中にはUberEatsの配達など、気軽に始められる仕事を中心にスキマ時間に副業を始めている人が増えているという。

 30代会社員のFさんは、趣味の占いの副業を今年2月から始めた。3年ほど前から専門書を読み漁ってきたFさんは、タロット、四柱推命、算命学、宿曜占星術、西洋占星術などあらゆるタイプの占いをマスター。さらに占いの理解を深めようとプロ占い師の個人講座を受けた際に、副業を勧められたことがきっかけとなった。Fさんの場合、主に在宅でオンライン上のチャット占いを行っている。

「占いビジネスは商業施設にあるブース型などの対面式のほか、電話、メール、チャットと手段はさまざまです。対面の場合20分3000円が相場ですが、チャットの場合、やりとりする文字数に応じて料金が決まります。相場は1文字5円ほどです。平均して1回300文字、1500円分利用する人が多いですね。私の場合、所属している占い事務所とアプリ運営会社に合わせて7割取られ、取り分は残り3割です。だいたい月平均250件で、手取りで11万~12万円ほどです。待機時間も含め1日の実働は約4時間です」(Fさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る