石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

本業は弁護士 ユーチューバー・闇弁タケシ誕生のきっかけ

公開日: 更新日:

 小学生に聞いた最新の「将来就きたい職業ランキング」(学研ホールディングス)によると、今年の1位はなんとYouTuber(ユーチューバー)。年々テレビの視聴時間は減り、スマホの普及とともにネット利用が増えている。ユーチューバーらが動画コンテンツを供給していく流れは強まるだろう。

 ただ、筆者が特に手薄と感じるのは40代、50代向けのネットコンテンツ。今回取材したのは、まさに40代、50代にも見られる動画を提供している岡野武志さん(42歳)。岡野さんの本業は弁護士。交通事故や刑事事件を専門的に扱うアトム法律事務所弁護士法人グループの代表だ。

 岡野さんのユーチューバーネームは「闇弁タケシ」。配信の内容は、刑事事件を扱ってきた本業のノウハウを生かして社会的に関心が高い事件を解説しているものが多い。N国党の立花孝志さんの書類送検の話、山口敬之さんと伊藤詩織さんの裁判の顛末予想、道端アンジェリカさんの脅迫に関する書類送検の内容整理、池袋暴走事故の加害者が逮捕に至らない理由、カルロス・ゴーンと弁護団の関係性などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る