中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

自然災害に第2波…資産価格急上昇も投資の実態は“袋小路”

公開日: 更新日:

 先週以降、九州地方は記録的豪雨に見舞われ河川の堤防が決壊、甚大な被害が出た。避難者の「3密」が危惧されたが、今後、気になるのは、復旧に当たる一般市民ボランティアの「3密」だ。

 これから台風シーズンが本格化する。ボランティアはマスクを着用するとはいえ、「3密」に近い状況のなか、泥水が染み込んだタンスやタタミなどを運ぶ。クラスター感染に要警戒だ。

 今月、地元の図書館が開館した。入館に際してマスク着用は当然で、入り口で消毒後、入館用紙に氏名、住所、電話番号を記載、図書館員が私の借りたえんぴつを即座に入念に消毒したのには驚いた。

 東京都で新型コロナウイルス感染者が激増している。さらなる感染拡大が起きれば、政府は再度「緊急事態宣言」を発動しなければならないだろう。

■米国は「コロナ前に戻るのは2022年半ば」と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る