内定取り消し76社の衝撃…売り手市場が一転し新卒採用受難

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染症による解雇や雇い止めとなった労働者(見込みを含む)は、9月24日時点で6万579人に達した(厚労省雇用政策課)。8月末時点の5万人超えからわずか1カ月足らずで1万人以上も職を失った労働者が増えているのだ。さらに、「この数字は都道府県労働局の聞き取りや公共職業安定所に寄せられた相談・報告等を基にしたもので、現実の数字を網羅したものではありません」(雇用政策課)。

 つまり実際には現時点で6万人をさらに大きく上回る解雇、雇い止めがあるということだ。規制解除や「Go To キャンペーン」の実施で経済回復を図るものの、コロナによる経済停滞で明るい兆しは見えず、失業者の増加に歯止めがかからない。

 新社会人も受難だ。2020年3月卒業の大学生、高校生で就職内定が取り消された学生は8月末時点で174人、76事業所に上っている(厚労省若年者キャリア支援室)。これはリーマン・ショック後の09年の2143人、11年の東日本大震災後の598人以来の多さなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る