佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

戦時中に軍需産業へ転ばなかったミキモトの真珠翁

公開日: 更新日:

 ある時、「会社組織が嫌いだそうだが」と聞かれて、こう答えている。

「わしは自分のためでないと働かない人間だ。株式会社なんか誰のために働くのかわからんじゃないか」

 太平洋戦争が始まった時、幸吉翁は83歳だったが、時局に便乗して軍需産業に転換する実業家が多い中で、翁はそれをやらず、もぐらが1匹、しっくい溝の中に死んでいるのを見ながら、

「もぐらが死んでいる。もぐらはやわらかな土の中に棲んでいるものだが、こんな固いしっくいの上に出て来たので、あんなことになってしまった。人にはそれぞれ歩むべき道がある。わしはわしの道を歩みつづけるつもりだ」

 と言い切った。

 こうして、あくまでも軍需産業への転換を拒む翁に「非国民御木本幸吉は之で切腹せよ」と白鞘の短刀を送ってよこした者もいるとか。

 真珠業はつまり「平和産業」なのである。(敬称略)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る