EV車には限界が 「水素エンジン自動車」という第3の選択肢

公開日: 更新日:

 日本は2030年度までに13年度比で温室効果ガスを26%削減することを国際公約している。そこで今年1月には菅首相が「35年までに新車販売で電動車100%にする」と表明。電動車には電気自動車(EV)と水素燃料で動く燃料電池車(FCV)がある。いずれの駆動源もモーターだ。

 3月24日、トヨタ、日野、いすゞの3社が共同会見で協業を発表。今後、いすゞと日野はトヨタの燃料電池を搭載する小型FCトラックを走らせる。ただ、あくまで「小型」のトラックだ。なぜか。

 水素エンジンの実用化を手がけている「i Labo」の岩崎哲夫取締役会長に水素自動車について話を聞いた。岩崎氏は半導体業界で活躍し、サムスン電子の社外取締役も歴任した経営のプロ。

「軽量車はEVでもいいが、重量のある貨物車や重機、船舶などを動かす場合、とてつもなく大きなモーターや大容量の蓄電池が必要になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る