真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

西友<下>“楽天経済圏”を拡大 20%出資する最大の狙いは?

公開日: 更新日:

 米ウォルマートの完全子会社から、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と楽天の資本を受け入れ、再スタートを切った西友。

■新社長は流通のプロ

 資本が入れ替わるとともに経営体制も変わり、流通コンサルのリテイルサイエンス社長だった大久保恒夫氏が社長に就任、再生を目指す。

 大久保氏はかつてイトーヨーカ堂で「業革」と呼ばれた構造改革に主要メンバーとして関わり、1990年にリテイルサイエンスを設立しファーストリテイリングや良品計画などのコンサルティングを行う。その後、成城石井社長として業績立て直しに成功、さらにはセブン&アイ・ホールディングスの常務執行役員などを歴任してきた。

 これまでのトップがウォルマートから派遣されてきたのに比べ、大久保氏は日本の小売りを知り尽くしている。西友株の65%を取得したKKRにしてみれば、大久保氏の手腕で業績を伸ばし、再上場で資金を回収するという青写真を描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る