<1>住み慣れた郊外の自宅が重荷に…ところが3000万円で買ったのに査定では…

公開日: 更新日:

 人生100年時代といわれるが、長生きと住まいの問題は比例しない。住み慣れた自宅が重荷になってきた老夫婦が、ついのすみかを求めてさまよう姿を追ったーー。

 ◇  ◇  ◇

 今年75歳になって、後期高齢者入りした遠井安男(仮名)は、大した持病があるわけではないが、そろそろ人生の最後を安心して暮らせる住まいを見つけたいと思っている。

 現在は、40年ほど前の会社員時代に埼玉県熊谷市の郊外に、3000万円ほどで買った建売住宅に住んでいる。会社までの通勤時間は2時間以上かかったが、バブル時代にはそれくらいかかるのは当たり前だった。

 しかし、それがついのすみか探しの最大のネックになっている。「この間、駅前の不動産会社に査定してもらったら、何と700万円という結果。そんなはずはないと、他社にも頼んでみたが、結果は同じでした」と嘆く。いまどき、郊外の築40年以上の古い一戸建ての建物の価値はゼロどころか、リフォーム費用や解体費用を考えるとむしろマイナス。実質的には土地代でしか売れないと言われてしまったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”