クリミア併合時に脚光浴びた「美人検事長」が異例の反戦

公開日: 更新日:

 ロシアという舞台でさまざまなキャラクターが踊る「プーチン劇場」。主役ばかりに目が行きがちだが、脇役も面白い。脚光を浴びた後、勢いを失った「あの人は今」的な政治家もいる。その一人が、何かとお騒がせなナタリア・ポクロンスカヤだ。

■期待の星がスピリチュアルに

 印象が強い人は、メディアでは最強だ。クリミア半島の親ロシア派「検事長」。日本のインターネット上でアニメのように描かれ、逆輸入されて広告塔になった。われわれが「支持している」と勘違いされたのなら、併合の片棒を担いだことになるのだろうか。

 さて、ウクライナ人がロシア側に付くことは裏切りで、命を狙われかねない。当時、中年男性たちが検察トップの座を固辞する中、引き受けたのが彼女だった。

 クリミア併合と8年後のウクライナ侵攻が「成否」を分けた理由の一つとして、前者は事前にロシア連邦保安局(FSB)の根回しが効いていたことが指摘される。ポクロンスカヤは果敢に手を挙げたというより、協力者として見いだされていたのかもしれない。併合が強行された2014年3月18日は、34歳の誕生日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか