鳥インフル流行スタートで“卵ショック”再燃の兆し…養鶏業者から悲鳴、Xmas需要を直撃

公開日: 更新日:

 今年も大流行するのか。鳥インフルエンザの感染確認が相次いでいる。今季初となる25日の佐賀県の養鶏場に続き、27日は茨城県でも確認された。

 鳥インフルは2004年に79年ぶりに国内で確認。その後は数年おきに流行してきたが、今月の確認で初の4季連続の発生となってしまった。農水省は「世界的に感染が広がっている影響で、日本でも毎年流行するようになった。今季はすでに野鳥の検査で北海道から鹿児島まで陽性が確認されており、全国的な流行になる可能性があります」(動物衛生課)と警戒する。

 昨季は、史上最大の感染が列島を襲った。1億3000万羽飼育されていた採卵鶏のうち、12%にあたる1600万羽が殺処分された。今年4月には、JA全農たまごの卵卸売価格(東京地域のMサイズ)が1キロ350円と過去最高値に。卵を使ったメニューが外食から消えた。「卵ショック」といわれたゆえんだ。

 今季の流行規模はどうなるのか。「自治体の指導もあり、多くの養鶏場は感染対策を改善させています。昨季より流行のスタートが1カ月遅いのも感染対策が効いているのならいいのですが」(養鶏場関係者)との希望的観測もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク