著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

新型フリード実車チェック 値段もイイけど充実装備とクオリティーアップもハンパない!

公開日: 更新日:

ホンダ フリード(車両価格:¥2,508,000/税込み~)

 今年最大の注目新車たるホンダのコンパクトミニバン、3代目フリード。発売はまだだが、既に受注開始で全国ショッピングモールなどでは実車公開中。試乗はできないが触れて座ってきた。

 第一のキモはデザイン。今回は標準ボディが「エアー」となりよりスッキリフォルムになり、SUV風の「クロスター」もワイドフェンダーを纏って初の3ナンバー化。

 実際に見た感じだが、エアーの高級感はなかなかのものだ。押し出しやアクの強さはなく、高級雑貨的ムードだが、女性には受けそう。逆に言うとクルマ好きからみるとインパクト不足かも?

 かたやクルマ好き向けクロスターは確かにアウトドア風だが、これまたアクは強くない。ここは賛否が分かれそうだ。

シートの座り心地は明らかに向上した

 またインテリアのクオリティーも予想以上に高い。高級セダン的なソフトなドアトリムなどは使われてないが、エアーのざっくりとした風合いの生地内装はタッチがいいし、最大で11.4インチが付けられるオプションのナビや7インチのデジタルメーターはイマドキでモダン。

 かたや3列あるシートだが、サイズや座面高は以前とさほど変わってない。さほど広くはなってなさそうだが、座り心地が明らかに向上。オシリがすっと沈み込んでカラダを安定させてくれるし、特に貧弱だった3列目は大人でもしっかり安心して座れるようになった。スペース以上に質を改善してきたようだ。

 同時に装備の充実っぷりが凄い。価格はエアーのベースグレードが250万円台スタートで、一見現行より27万円ほど高い。しかしサイド&カーテンエアバッグにLEDヘッドライト、電子パーキングブレーキに両側電動スライドドアはすべて標準。先進安全のホンダセンシングも約8年ぶりの進化で、9項目ほど機能が増えててお買い得。実質的には標準装備が増えているので、値上げは10万円程度に収まり、十分リーズナブル。

思い切ってベースグレードで十分と割り切れるか?

 加えて上級グレードのエアーEVは269万円台とさらに約19万円高いが、その分、クラス初のリア専用クーラーや合皮コンビシート、本革巻きステアリング&セレクトレバーにアルミホイールなどが付く。実は装備なりの価格設定なのだが、なんだかんだお値段高めに見えるのだ。

 特にエアーEVのハイブリッド版、e:HEVになると約35万円高の300万円超えで、いよいよコンパクトミニバンも大台を超えてきたなと思う。

 しかし繰り返すが、実質ベースアップは約10万円で価格高騰の原因は「現行フリードにはなかった贅沢装備」。それらを省けば、車両価格200万円台後半で買うことも可能なのだ。

 ところが現実には標準装備は省けないし、上級EXグレードのコンビシートやリアクーラーなども欲しくなりがち。

 果たしてアナタは、思い切ってベースグレードで十分と割り切れるか?

 知らず知らずに贅沢になっている現代人には、なかなか選びが悩ましい新型ホンダフリードでもあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変