大手は業績好調も「町焼き肉」を取り巻く厳しい状況…コスト高以外の原因とは?

公開日: 更新日:

 焼き肉店の倒産が増えている。帝国データバンクによると、焼き肉店運営会社の倒産(負債1000万円以上)は2024年1~6月が20件で、前年同期比2.5倍に。過去最多だった19年の26件を上回る勢いだ。

 インフレ、円安による原材料費や人件費、水道光熱費などのコスト高が原因に挙げられている。

「アメリカやオーストラリア産の輸入牛、特にタンなどの部位の価格が高止まりしていて、国産と遜色ない状態が続いています。他の飲食業態に比べて換気がしっかりしていて、オペレーションのしやすさなどから、一部の居酒屋店を焼き肉店に衣替えしたワタミのように、コロナ禍で新規開業が増えました。昨今は供給過多のため、淘汰が始まっています」(外食コンサルタント)

 値上げが必至の状況だが、客足を心配して価格改定に踏み切れない店も少なくなく、前年度から減益を含む業績悪化の割合は64.6%と高水準。

 だが、「焼肉きんぐ」で知られる物語コーポレーションなど一部大手チェーンは業績好調で、メニューや価格、販促の見直しのほか、受付や注文、配膳、決済で省力化が進んでいる影響も大きい。一方で、苦境に陥っているのが中小の焼き肉店だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」