民主代表選ひとりカヤの外…長妻元厚労相が嫌われる理由

公開日:  更新日:

 18日に投開票の民主党代表選は、細野豪志元幹事長(43)と岡田克也代表代行(61)の一騎打ちになりそうだ。時事通信が同党の都道府県連幹部を対象に行ったアンケートによると、細野氏と岡田氏が支持をほぼ二分している。「若さ」で支持される細野氏が、「安定感」を期待される岡田氏をわずかに上回り、党内は世代間闘争の様相を呈してきた。

 そんな中、2人に大きく水をあけられ、すっかり「カヤの外」状態なのが「ミスター年金」こと長妻昭元厚労相(54)だ。「消えた年金」問題を追及し、民主党政権誕生の立役者だったが、なぜかサッパリ支持が伸びていない。

「長妻さんは何事も徹底的に調べ上げ、問題点を浮き彫りにするのがうまい。いわゆる『仕事師』と言えます。そんな姿勢は党内でも認められていますが、あまり群れるタイプではありません。グループづくりをやってこなかったために、支持が伸び悩んでいるのでしょう」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る