「安保法案」成立日程で自民グラグラ 衆参両院の思惑に“ズレ”

公開日:  更新日:

 安保法案の採決をめぐり、自民党の衆院と参院がモメている。参院特別委員会での採決については、中央公聴会の翌16日に行うことで一致しているが、参院本会議での成立については認識にズレが生じているのだ。

 安倍首相の意向を受け、衆院サイドは法案成立を16日、もしくは17日で想定するが、参院サイドは18日の成立を主張。これに対し衆院サイドは、「内閣不信任決議案や首相問責決議案が出されると、採決が連休にずれ込む」として、18日に難色を示している。

 ただ、採決は参院で行われるため、参院サイドが首をタテに振らなければ、法案は成立しない。そこで谷垣執行部は、「60日ルール」を使う衆院での再可決の検討に着手したという。

 衆院サイドが再可決に踏み切れば、参院の存在意義が失われるため、参院サイドの反発は必至。憲法違反の無理スジ法案で、国民の批判が高まっているだけに、自民党内も一枚岩じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る