「安保法案」成立日程で自民グラグラ 衆参両院の思惑に“ズレ”

公開日: 更新日:

 安保法案の採決をめぐり、自民党の衆院と参院がモメている。参院特別委員会での採決については、中央公聴会の翌16日に行うことで一致しているが、参院本会議での成立については認識にズレが生じているのだ。

 安倍首相の意向を受け、衆院サイドは法案成立を16日、もしくは17日で想定するが、参院サイドは18日の成立を主張。これに対し衆院サイドは、「内閣不信任決議案や首相問責決議案が出されると、採決が連休にずれ込む」として、18日に難色を示している。

 ただ、採決は参院で行われるため、参院サイドが首をタテに振らなければ、法案は成立しない。そこで谷垣執行部は、「60日ルール」を使う衆院での再可決の検討に着手したという。

 衆院サイドが再可決に踏み切れば、参院の存在意義が失われるため、参院サイドの反発は必至。憲法違反の無理スジ法案で、国民の批判が高まっているだけに、自民党内も一枚岩じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る