自宅にも不在 五輪エンブレム問題の佐野研二郎氏はどこに

公開日: 更新日:

 15年の流行語にも選ばれた東京五輪の「エンブレム」。新エンブレムの審査も始まり、大会組織委は9月に白紙撤回した旧エンブレムの選考過程に関する外部有識者調査の結果を公表。行く川の流れは絶えないが、騒動の主役、デザイナーの佐野研二郎氏(43)は今どうしているのか。

 佐野氏のデザイン事務所のHPに掲載されていた“謝罪文”はすでに削除され、連絡先と所在地のみが記されている。SNSは「5月に非公開にした」と本人が言っていた。事務所を訪ねると、男性スタッフが「広報担当者と佐野は不在。いつ戻るか分からない」。

 近隣の飲食店スタッフによると、まったく姿を見かけないという。

 自宅は東京・二子玉川にある超高級タワーマンション。時価2億円ともいわれるが、インターホンを鳴らしても、まるで応答なし。入り口のコンシェルジュに尋ねても、「お約束がないと、おつなぎできません」とけんもほろろだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る