• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自宅にも不在 五輪エンブレム問題の佐野研二郎氏はどこに

 15年の流行語にも選ばれた東京五輪の「エンブレム」。新エンブレムの審査も始まり、大会組織委は9月に白紙撤回した旧エンブレムの選考過程に関する外部有識者調査の結果を公表。行く川の流れは絶えないが、騒動の主役、デザイナーの佐野研二郎氏(43)は今どうしているのか。

 佐野氏のデザイン事務所のHPに掲載されていた“謝罪文”はすでに削除され、連絡先と所在地のみが記されている。SNSは「5月に非公開にした」と本人が言っていた。事務所を訪ねると、男性スタッフが「広報担当者と佐野は不在。いつ戻るか分からない」。

 近隣の飲食店スタッフによると、まったく姿を見かけないという。

 自宅は東京・二子玉川にある超高級タワーマンション。時価2億円ともいわれるが、インターホンを鳴らしても、まるで応答なし。入り口のコンシェルジュに尋ねても、「お約束がないと、おつなぎできません」とけんもほろろだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る