自宅にも不在 五輪エンブレム問題の佐野研二郎氏はどこに

公開日: 更新日:

 15年の流行語にも選ばれた東京五輪の「エンブレム」。新エンブレムの審査も始まり、大会組織委は9月に白紙撤回した旧エンブレムの選考過程に関する外部有識者調査の結果を公表。行く川の流れは絶えないが、騒動の主役、デザイナーの佐野研二郎氏(43)は今どうしているのか。

 佐野氏のデザイン事務所のHPに掲載されていた“謝罪文”はすでに削除され、連絡先と所在地のみが記されている。SNSは「5月に非公開にした」と本人が言っていた。事務所を訪ねると、男性スタッフが「広報担当者と佐野は不在。いつ戻るか分からない」。

 近隣の飲食店スタッフによると、まったく姿を見かけないという。

 自宅は東京・二子玉川にある超高級タワーマンション。時価2億円ともいわれるが、インターホンを鳴らしても、まるで応答なし。入り口のコンシェルジュに尋ねても、「お約束がないと、おつなぎできません」とけんもほろろだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る