聴取中に警部補「ドラクエ」 大阪府警は規律緩みっぱなし

公開日:  更新日:

 ブッたるんでいるにも程がある。昨年10月に大阪府警西署の男性警部補(59)が容疑者の取り調べ中に人気ゲーム「ドラゴンクエスト」で遊んでいたことが分かった。

「警部補は部下の取り調べの補助役として3日間取調室にいたが、仕事をサボり、持ち込み禁止だったタブレット端末でドラクエをプレーしていた。『やることがなくて暇だった』と話しています。容疑者が取り調べ担当とは別の警官に指摘し、発覚しました」(捜査事情通)

 大阪府警は他にもレベルの低い不祥事が次々と発覚している。昨年5月には5年間にわたり専用端末で芸能人など約650人の住所を調べていた50代の警部補が懲戒処分を受けた。また、後輩に拳銃を向けるアホな警部補がいたり、容疑者の所持品検査が不十分で留置施設内まで覚醒剤を持ち込まれるといったアホなミスが一度ならず何度もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る