聴取中に警部補「ドラクエ」 大阪府警は規律緩みっぱなし

公開日: 更新日:

 ブッたるんでいるにも程がある。昨年10月に大阪府警西署の男性警部補(59)が容疑者の取り調べ中に人気ゲーム「ドラゴンクエスト」で遊んでいたことが分かった。

「警部補は部下の取り調べの補助役として3日間取調室にいたが、仕事をサボり、持ち込み禁止だったタブレット端末でドラクエをプレーしていた。『やることがなくて暇だった』と話しています。容疑者が取り調べ担当とは別の警官に指摘し、発覚しました」(捜査事情通)

 大阪府警は他にもレベルの低い不祥事が次々と発覚している。昨年5月には5年間にわたり専用端末で芸能人など約650人の住所を調べていた50代の警部補が懲戒処分を受けた。また、後輩に拳銃を向けるアホな警部補がいたり、容疑者の所持品検査が不十分で留置施設内まで覚醒剤を持ち込まれるといったアホなミスが一度ならず何度もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る