• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

聴取中に警部補「ドラクエ」 大阪府警は規律緩みっぱなし

 ブッたるんでいるにも程がある。昨年10月に大阪府警西署の男性警部補(59)が容疑者の取り調べ中に人気ゲーム「ドラゴンクエスト」で遊んでいたことが分かった。

「警部補は部下の取り調べの補助役として3日間取調室にいたが、仕事をサボり、持ち込み禁止だったタブレット端末でドラクエをプレーしていた。『やることがなくて暇だった』と話しています。容疑者が取り調べ担当とは別の警官に指摘し、発覚しました」(捜査事情通)

 大阪府警は他にもレベルの低い不祥事が次々と発覚している。昨年5月には5年間にわたり専用端末で芸能人など約650人の住所を調べていた50代の警部補が懲戒処分を受けた。また、後輩に拳銃を向けるアホな警部補がいたり、容疑者の所持品検査が不十分で留置施設内まで覚醒剤を持ち込まれるといったアホなミスが一度ならず何度もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る