聴取中に警部補「ドラクエ」 大阪府警は規律緩みっぱなし

公開日:  更新日:

 ブッたるんでいるにも程がある。昨年10月に大阪府警西署の男性警部補(59)が容疑者の取り調べ中に人気ゲーム「ドラゴンクエスト」で遊んでいたことが分かった。

「警部補は部下の取り調べの補助役として3日間取調室にいたが、仕事をサボり、持ち込み禁止だったタブレット端末でドラクエをプレーしていた。『やることがなくて暇だった』と話しています。容疑者が取り調べ担当とは別の警官に指摘し、発覚しました」(捜査事情通)

 大阪府警は他にもレベルの低い不祥事が次々と発覚している。昨年5月には5年間にわたり専用端末で芸能人など約650人の住所を調べていた50代の警部補が懲戒処分を受けた。また、後輩に拳銃を向けるアホな警部補がいたり、容疑者の所持品検査が不十分で留置施設内まで覚醒剤を持ち込まれるといったアホなミスが一度ならず何度もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る