日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「決着」どころか追及半ば “ワイロ疑惑”甘利元大臣の厚顔

「厚顔無恥」という言葉がピッタリだ。“口利きワイロ”疑惑で大臣を辞めた甘利明・元経済再生担当相(66)。疑惑について、検察審査会が「不起訴相当」と議決したことを受け「私の件は決着した」と話し、1日の本会議で国会復帰したが、よくもまあ、人さまの前にノコノコ出てこられたものだ。

 1月下旬に大臣を辞任してから“睡眠障害”を患っていたという甘利氏。6月6日に地元事務所前で会見した際、「少しずつ政務復帰することにした」と言っていたが、7月中は音沙汰なし。「参院選と都知事選への影響を避けた」(ベテラン野党議員)ともっぱらだ。1日の本会議終了後はやたらとニヤニヤし、安倍首相と握手を交わしていた。一体、睡眠障害はどうなったのか。なぜこのタイミングで復帰したのか。

「1日からの臨時国会はたった3日間で、委員会での審議は行われません。そのため、野党は甘利さんを参考人招致して追及する機会がないのです。秋の臨時国会まで一定の時間を置き、少しでもほとぼりを冷ます“作戦”でしょう」(野党議員=前出)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事