豊洲移転なら維持費1日1700万円 “カネ食い虫”の製造責任

公開日:  更新日:

 豊洲新市場の維持費は、開場しなくても「1日700万円」という情報が独り歩きしている。それでは予定通り移転していたら、1日いくらかかったのか。都は「算出していない」(中央卸売市場財務課)と答えたが、参考データはある。都の今年度予算で、豊洲の初年度10カ月分の開場経費として約69億円を計上していた。

「そのうち、17億円は初年度だけにかかる経費の予定でした。残る52億円を維持費と考えていただいても構いません」(中央卸売市場財務課)

 月額約5億2000万円。単純計算で年額62億4000万円に達し、1日あたり1709万5890円にも上るのだ。

 築地市場の水道光熱費や各種委託費などを積み上げても、年間約20億円。1日約548万円に過ぎない。豊洲の維持費は築地の3倍以上に膨らむ計算だが、あくまで、11月7日の開場予定日まで豊洲が本格稼働していないことが前提の“向かい風参考記録”だ。今の築地のように、入荷から販売まで24時間フル稼働すれば、維持費はさらに跳ね上がるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る