日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山本農相また失言…野党激怒で衆院TPP特別委の採決先送り

 この大臣につける薬はないようだ。国会で審議中のTPP承認案をめぐり「強行採決」発言をして、陳謝、撤回させられた山本有二農相がまたやった。

 1日に都内で開かれたパーティーで、自らの強行採決発言を念頭に、「こないだ冗談を言ったら、(農相を)クビになりそうになった」と言い放ったのだ。大問題になった暴言を“冗談”で片付ける軽さには怒りを通り越して呆れるしかない。

 2度目の失言を受け、民進党など野党4党は2日午前、国対委員長会談を開き、山本大臣の辞任を求めることを確認した。

 さらに野党は、2日午後に予定されていた衆院TPP特別委員会での採決を拒否する方針で一致。与党も「採決できる状況ではない」として、委員会採決は先送りとなった。

 それでも政府は早期成立を諦めていないが、野党が態度をさらに硬化させるのは確実。山本大臣の進退も焦点になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事