性犯罪の背景に「性依存症」 再発防止プログラムの中身は

公開日:

 痴漢、盗撮、露出、強姦などの性犯罪の背景には、性的逸脱行動を繰り返す「性依存症」がある。この治療に我が国で先駆的に取り組む精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に話を聞いた。

 斉藤氏によれば、米国では「未治療の性犯罪者が生涯に出す被害者の数は380人」というデータがあるという。ところが、斉藤氏が国内の刑務所で「性犯罪者処遇プログラム」に参加する受刑者に話を聞いたところ、「その数字は少ない」という反応だった。小児性暴力の再犯を繰り返す受刑者が多い治療グループだったとはいえ、一般の人が思っている以上に被害者は多いのかもしれない。

 被害者がいる以上、性犯罪者は厳罰に処すべきという意見が根強い。一方で、性依存症は本人がやめたいと思っても意思の力ではコントロールできず、やめるには「治療」が必要な依存症である――。そう斉藤氏は指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る